介護ヘルパー 仕事内容

介護ヘルパーの仕事内容は?職場は?

介護ヘルパーの仕事内容&施設はこんな感じ!

介護ヘルパー 仕事内容 職場

ホームヘルパー2級資格を取って介護ヘルパーとして働くにも、そもそも介護職員はどんな仕事をするんでしょう?今は介護職員初任者研修と資格取得の名称が変わりましたが、介護ヘルパーとして働く内容は今までと変わりはありませんよ。

 

介護というお仕事は、高齢者のお世話をするだけではありません。
病気や怪我で身体不自由になった方や障害者の身の回りの世話をすることだってあります。

 

この先、介護を必要とする方は増ると言われていますので、どんな仕事をするのか?どんな職場があるのか?はたまた家族・親など介護できることは何があるのか?など参考にされてくださいね。

 

 

介護ヘルパーの仕事内容は?

 

簡単に言うと、高齢者や障害者の家や施設などで、身体介護サービスや家事援助サービスを提供するのが介護ヘルパーのお仕事。介護保険制度が導入されて、社会的にも認知度の高い仕事のひとつになってきましたね。今後なくならない仕事の一つとしても知られる介護職。

 

特に介護ヘルパーとして働くとすることの多い食事や入浴、排せつ、衣服の着脱などの身体介護や、料理、洗濯、掃除、買い物などの家事援助、障害者や一人では歩けない方の車いす等を使った移動介助もありますし、利用者の家族に介護技術など指導を行ったり、忘れてはならないのが利用者や家族の心のケア!これらの仕事内容があるんですね。

 

踊る大捜査線のフレーズじゃないけど、『介護は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!』

 

かなり強引に当てはめた感は否めないけど^^;まぁちょっとニュアンスは違いますが、介護ヘルパーは介護の現場で利用者に一番接する機会の多い仕事だと思います。最近では、行政や医療・保健の分野の職員とチームを組んで働くことも多くなってきました。利用者と接することの多い職種なだけに、日常のないげないしぐさ等の情報を供給できるよう心掛けたいものですね。

 

 

 

介護ヘルパーの仕事内容って、どんなことやっているの?

介護資格を取得しようと思ったら、気になる項目の中に仕事内容があります。
ヘルパー資格である【介護職員初任者研修】は、ほぼ誰にでも取得することのできる、介護職の入門資格ですよね。

 

介護の仕事内容にはいろんな仕事があるのですが、食事や入浴、排せつ、衣服の着脱、移乗など、主にこの辺は介護技術を身に付けて置きたいところです。ほとんどの職場ですることなのでしっかり覚えておきたいですね!

 

>>続きを見る

 

 

 

介護ヘルパーの職場(施設)はどんなところがあるの?

 

介護ヘルパーといえど、自分の親を介護するために資格を取得する方もいますよね。今のうちに取っておくと便利かもって思う方もいます。そういう方たちはすぐに施設等で働くことはないかもしれませんが、介護ヘルパーが働ける職場は結構いっぱいあるんですね!

 

介護資格を取得してパッと思いつくのが訪問介護だと思うのが、ほとんどの方じゃないかな。だけど他にもいろいろあります。
それではザッとですが、介護士として働ける職場を挙げてみます。

 

特別養護老人ホーム・養護老人ホーム・軽費老人ホーム・老人保健施設・グループホーム・有料老人ホーム・デイサービス・デイケア・身体障害者療護施設・肢体不自由児施設などいろんな通所施設がありますよ。

 

施設によっては、勤務時間・休日・給料・求人状況など変わってきますので、もし職場を探されるときはしっかり確認しておきましょうね!

 

 

介護・福祉資格にはどんなものがあるの?

 

介護・福祉の世界には、多種多様な職種があります。介護士として働いているとステップアップとして、よく聞かれるのが介護福祉士。これは国家資格でもありますから、多くのヘルパーが資格取得を目指します。他にもケアマネージャーや社会福祉士・社会福祉主事などがあります。

 

逆に介護職員から看護師資格を取得する人も多いですよ。やはり介護では医療的には何もできないので、身の回りの世話だけでなく医療の面から、利用者や患者などに何かしてあげたいと思うからこそなのでしょう。

 

他にもいろいろ介護・福祉資格はありますが、介護ヘルパーから見ると身近な資格はこの辺なんじゃないかと思います。

 

あと介護・福祉の仕事に行かせる資格として、福祉住環境コーディネーターも人気の資格ですよ!

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ